人材(博士)検索詳細

博士ID:DXC753058

現職情報

職 業
学生(D3)

専門分野

学 位
博士号取得状況:取得予定
種別:博士(理学)
専門分野
化学
取扱装置
蛍光光度計(自動偏光付属装置据え付け含む),示唆走査熱量計(DSC),フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR),走査型電子顕微鏡(SEM),紫外可視分光光度計(UV-VIS),凍結乾燥器,真空乾燥器,凍結粉砕器,アスピレーター,オートクレーブ,pHメーター,クールインキュベータなど
業 績
論文数:2
国際学会発表数:1
国内学会発表数:7
自己アピール
特にプローブ分子を用いた蛍光測定を最も得意としており,自身の周辺のミクロ環境を反映して蛍光を出す8−アニリノ−1−ナフタレンスルホニックアシッドなどを用いて蛍光測定,蛍光偏光解消測定を行うことで,ミクロ環境の変化を追跡することができます。最も得意とするのは蛍光測定ですが,IRやSEM,DSCなども扱えます。またポリN−イソプロピルアクリルアミドゲル(PNIPAAmゲル)などを含む高分子化学ゲルの合成,透析,凍結乾燥,凍結粉砕もできます。在学中は主にこのPNIPAAmゲルのミクロ環境追跡に関して研究を行っていた他,環境に優しい生体高分子鎖カードランによるカードランゲルなどに関しても同様にミクロ環境の追跡に取り組みました。自分の研究は何度も繰り返し測定することが必要であるため,研究を進めていくうちに忍耐力や粘り強さが身につけられたと思います。
英語力
(会話)中級(辞書を利用して)  (作文)中級(辞書を利用して)  (読解)
(TOEIC)  点数:0  取得年:0年
(TOEFL)  点数:0  取得年:0年
希望年収
こだわらない
希望入社時期
2018年4月(前後可)

※本人の希望により公開されていない情報もありますのでご了承ください。

博士情報エンジン wakateバナー

ページトップへ