人材(博士)検索詳細

博士ID:LMR271113

現職情報

職 業
無職

専門分野

学 位
博士号取得状況:取得済み
種別:博士(工学)
専門分野
物理学/工学/化学/材料科学/電気/電子/学際研究
得意分野
ナノフォトニクス(光とナノサイズ物質の相互作用)、プラズモニクス(金属微細構造と光の相互作用)、メタマテリアル(サブ波長構造による光操作)、光学、分光学、高分子化学、結晶成長、電気電子工学

学部時は電子工学を専攻し、電気電子材料を扱う研究室でテラヘルツ波分光に関する研究に従事
スキル
PCスキル:
MATLAB, ImageJ, Igor, Autodesk Fusion 360, Illustrator, Photoshop, InDesign, iWork, Microsoft Office

その他:グラフィックデザイン、3DCADモデリング

英語:TOEIC スコア 825(2016年7月)
取扱装置
レーザー(CW、パルス)と関連光学系、SEM、超臨界洗浄乾燥装置、ラマン顕微分光装置、UV-Vis分光光度計、化学実験設備(ピペット、ドラフトなど)、スピンコーター、遠心分離機、AFM、電子線リソグラフィー、NC加工装置
業 績
原著論文:3(ファースト 1、セカンド・サード 2)

受賞および研究助成歴:
「平成28年度 第1種奨学金全額返還免除」、日本学生支援機構、2017年6月
「平成27年度〜28年度 奨学生」、公益財団法人ウシオ財団、2015年8月
「平成27年度〜28年度 奨学生」、一般財団法人伊藤忠兵衛基金、2015年5月
「平成26年度 工学研究科長表彰」、大阪大学大学院工学研究科、2015年3月
“Certificate of Excellence for an Honorable Mention Student Presentation,” Asia Student Photonics Conference 2014, July 2014.
「平成25年度 第1種奨学金全額返還免除」、日本学生支援機構、2014年6月
など
自己アピール
ナノフォトニクスとその関連分野および電気電子工学を背景に持ち、2018年3月に博士号を取得しました。受賞および研究助成経験があります。
学生による国際会議や科学教室などの諸活動を積極的に行いました。こちらに関しても受賞および予算獲得歴があります。

先端科学技術をどのように応用し、実社会に還元できるのかに興味があります。

※本人の希望により公開されていない情報もありますのでご了承ください。

博士情報エンジン wakateバナー

ページトップへ